読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キリサキゴシップ

これは 桐前バツ という男の きわめてどうてもいい 世間話をひろいまとめた 手記である

平和への祈り

きょうは8月6日。

日中とても暑く、汗さえも一瞬にして蒸気に変わるような高気温、高湿度。

しかし空は青く雲一つない晴天でした。

目を細め、突き抜ける空を見上げました。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

8月6日は原爆の日でした。70年が経ったのですね。

 

news.livedoor.com

 

そして甲子園も節目の100周年でした。

始球式のマウンドには王さんが。

75歳のお歳でもキャッチャーミットに伸びていく投球はさすがです。

 

平和への祈りというと、ふと思い出したのがこれです。

ガンダムの世界は、見る人に戦争の凄惨さをこれでもかと示してきます。

その映像は時に、ショッキングなものを映し出すこともあるのです。

お昼のニュースで見た広島の街は、いまなお被爆地の名残が見え隠れしている気がしました。それは目に見える形でも、見えない形でも、です。

 

www.okinawatimes.co.jp

 

夕方のニュースでは、被爆者が学生たちへ生の声を届けていました。

伝承の最後になってはいけない。

そう声高におっしゃっていました。

学生たちの心には届いたでしょうか。届いていて欲しいものです。

日々を漫然と生きるのではなく。

何かの想いを抱きながら、生きていく。

アニメでも、ドラマでも、ネットでも、本でも、伝聞でも。

伝えてくれる媒体にあふれたこの時代で、本当に必要なことは「何を感じどう生きるのか?」

その、意識なのでは。

そんな気がします。

広告を非表示にする